検索
055-235-9798

A HARMONY OF
TRADITIONAL CRAFTS

悠久の時を経て受け継がれる技
甲府と高岡の伝統がひとつの結晶となり
誕生したアクセサリー

伝統技術
着色の伝統技術

江戸時代初期(西暦1609年)、加賀藩集二代目前田利長の築城の際、町の繁栄を図るため鉄器作りを奨励し、のちに銅器生産に移行し発展した。

高岡独自の着色技法は銅器の保存性と美化を高めるために自然の中の化学変化に着目し試行錯誤の末に確立されました。風合いや色彩の模様が固有なために芸術性が高く、建材から日用雑貨まで国内外へ拡大し現在に至っています。

倭の色 銅に着色を施している様子

甲府でアクセサリー(ジュエリー)を研磨している様子

山梨
宝飾製造技術

江戸末期、明治、大正では装飾品としてかんざし、彫刻、ネックレスの製造など産業が拡大した。元々は水晶研磨と宝飾(工芸)は別の仕事という考え方が主流でしたが、産業の拡大に伴い結合され、より高度で魅力的な商品開発が可能になりました。

甲府の宝飾製造技術の継承、発展により、現在、日本国内に流通するジュエリーの3分の1を製造しています。

PHOTOGRAPHY

【倭の色】 ピックアップ商品

  • 倭の色ネックレス/ペンダントの商品写真です。型番:BR201001-01~04 画像その2
    倭の色
    紋様と色合いが美しいペンダント(小)
    ¥9,720
  • 倭の色ブレスレットの商品写真です。型番:BR401001-01~04 画像その2
    倭の色
    紋様と色合いが美しいバングル
    ¥9,720
  • 倭の色ネックレス/ペンダントの商品写真です。型番:BR201002-01~04 画像その2
    倭の色
    紋様と色合いが美しいペンダント(大)
    ¥9,720